独学?予備校?税理士になるための勉強法

やっぱり予備校?税理士を目指すなら勉強法にこだわるべし!

税理士になるためには?

税理士は税金のプロです。
複雑な税金の知識を正確に用いて企業や個人事業主をサポートする税理士は、現代ではかなり需要の高い職業です。
専門性の高い税理士は収入も多く、税理士事務所に勤務している税理士の年収は500万円から800万円、独立している税理士の年収は1000万円を超えることも珍しくありません。
中には、年収3000万円以上稼ぐ税理士もいるそうです。

このように、税理士は魅力的な職業ですが、具体的にはどのような業務を行なっているのでしょうか。

税理士ができることは、クライアントの税務代理、税務書類の作成、税務相談の3つです。
税務代理とは、本来クライアントが行う税金の申告を代理することです。
税務書類の作成は、税務署などに提出する確定申告の書類を作成することです。
税務相談は、クライアントからの税金の相談に乗ってアドバイスをすることです。
実は、これらは税理士資格を取得していないと行うことができません。

税金の計算を誤ってしまったり、間違った指導をしてしまったりすると、税理士本人だけでなく納税者であるクライアントも責任を取らなければなりません。
決してミスが許されない業務だからこそ、税理士資格の試験は難しく、合格率も低く設定されています。
計画的に勉強しなければ、何十年経っても合格できない資格なのです。

このサイトでは、税理士になるための勉強方法について詳しくご紹介します。
自分に合った勉強方法で、税理士を目指しましょう。

税理士の仕事とは

税理士になるためには、税理士試験に合格する必要があります。 この税理士試験の概要と、その特徴について見ていきましょう。 加えて、この税理士試験を受ける際には受験資格を満たしていなければなりません。 税理士になるために必要なことについてまとめました。

独学で税理士試験に合格できる?

税理士試験の合格率は12パーセントから17パーセント程度です。 受験資格がある、すなわちある程度税理に関わったことのある人が受けてこの合格率です。 かなり難しいことがうかがえますが、税理士試験に独学で合格することはできるのでしょうか。 詳しく見ていきましょう。

初心者は予備校に通うのがベター

税理士試験はとても難しい試験ですので、初心者の方は予備校に通うのがおすすめです。 確かに、予備校に通うためにはお金と時間がかかりますが、独学で勉強して合格できない方がお金と時間を無駄にしてしまいます。 税理士試験の予備校の特徴について見ていきましょう。